草むしり、木の伐採及び庭木の剪定は夏までに済ませておきましょう

庭はきれいな方が誰にも喜ばれます

草むしりを夏に行なうのは危険

夏になると草木はあっという間に成長してしまいます。そのため、夏に草むしりをする人は多いですが、夏の草むしりには次のようなリスクがあります。

夏に行なう草むしりの弊害

夏場の作業は熱中症になります(草むしり業者)

夏場の草むしりで一番怖いのが熱中症です。特に日光対策をしていない場合は炎天下の中草むしりを続けることになるため、熱中症のリスクが格段に跳ね上がり、最悪命にかかわる事態になりかねません。よって、もし夏場で草むしりをするのであれば、適度な休憩をとる必要があります。また日光を遮るための帽子は必須です。


長時間の作業で体へ大きな負担をかけてしまいます(草むしり業者)

草むしりというのは、非常に重労働です。土の中深くまで伸びた草の根っこを掘り返すのは体力を使いますし、ずっと座り続けなければならないので炎天下で行うと熱中症のリスクもあります。とくに高齢の人の場合は大変危険であり、夏場の草むしりは推奨できません。業者にまかせたほうが安全かつ効率的に行なえます。


雑草に潜む害虫が増えているので刺される危険性が高いです(草むしり業者)

熱中症以外に怖いのが、虫の存在です。ほったらかしにしていた雑草の下には害虫がたくさんいることが多く、草むしりをしている最中に足首や腕を噛まれたということは珍しくありません。蚊がいることもありますし、毛虫がいるかもしれません。中にはムカデに噛まれてひどく腫れてしまうことや、家の中にはいないようなノミやダニに刺される可能性もあります。つまり、夏場の草むしりはこれら害虫に遭遇するリスクを負わなければならないのです。

夏場の作業は業者に依頼するように

草刈り

夏場の草むしりなどは非常に危険であり、体力が衰えたご高齢の方はもちろん体力に自信のある人でも熱中症のリスクが有るため推奨できません。よって、業者に依頼して草むしりを行いましょう。業者に依頼することで作業の際に発生するリスクを回避することができる他、刈った草の処分や草むしりを行うための道具を用意する必要もないので、電話をするだけで事態の解決を図ることができます。

庭木の剪定や伐採も夏は業者に依頼

草むしりと同様に、庭木の剪定及び木の伐採も夏場に行うと危険です。そのため、こちらに関しても業者に依頼して解決しましょう。

業者に依頼する理由

庭木の剪定の場合
夏は草木が大きく成長するシーズンであり、庭木の剪定を行わなければ木の形が崩れてしまいます。しかし、適当に剪定を行い手入れしてしまうと、植木の健康を損ねる恐れがあります。専門の業者に依頼して剪定を行うことで、無駄に伸びた枝葉のみを切り取り、健康を保ちつつ形を整えることができます。
庭木の伐採の場合
庭木の伐採は、夏頃にやると伐採が少々難しくなります。というのも、夏場は水を吸い上げて成長するシーズンなので、切った枝が重くなっているのです。したがって、夏前に伐採を終わらせていたほうが伐採作業は比較的簡単に行なえます。また、大きな木は伐採の作業自体が相当難しいため、早めに業者に依頼して作業してもらいましょう。